ハラダヒサノリ

LifeLABO×ica associates.inc

HOME, SPECIAL|
Twitterでシェア
Facebookでシェア
google+ 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

LifeLABO×ica associates.inc

“Goioi”

コダワリのある空間へお邪魔し、取材をさせていただくLifeLABOの不定期企画。

前回”「暮らし」のデザイン。”をコンセプトに、手掛ける邸宅が秀逸な設計事務所「ica associates.inc」の常務取締役「イノウエ ダイスケ氏」をご紹介させていただきましたが、その縁により「icaa」の手掛ける住宅を取材させていただける事となりました。

設計上のポイントからゾーニング図面、プレゼン時の模型写真など、普段あまり目にする事の出来ない写真も交えお送りします。

北側より見る。前面道路は東から西へと緩やかに下がり、南側とは段差をもつ敷地。セットバックし配置された駐車場と大きなインナーガレージにより、外部とプライベート空間を遮っている。(撮影: 加納準)

オーナーと土地探しから一緒に始めたというこちらの家創り。

この間口の大きな土地は、オーナーの第1御要望である”車2台と作業スペースが確保出来る大きなインナーガレージ”という条件を満たすには十分な土地でした。しかし、土地面積に対して希望される建物ボリュームを落とし込むと土地と建物のバランスが悪くなり、間延びする可能性があった。

西から見る全景。敷地いっぱいに南北に建物を配置。天に伸びる煙突が特徴的だ。最南ゾーン(写真右側)の屋根勾配は、ウッドデッキへの採光を確保しながら、隣家との目隠しの役割も考慮されている。(撮影: 加納準)

間延びしないようにする為に、更には、敷地の可能性を全て引き出したいという思いから、土地と建物のバランスを整える為に外部空間を敷地内に点在させ、外部空間と内部空間を織り交ぜるような配置計画に。ゾーニングプランを見ると設計の主旨が一目瞭然だ。

ガレージ、LDK、プラベート、の間に緩衝地帯を設ける事にしたゾーニングプラン。この緩衝地帯を外部空間とする事で至る所に中庭ができ、水回りも含めほぼ全ての部屋が外に面することになった。

こうして緩衝地帯を設けた事により、LDKや水回り、居室のすべてが2面以上外部と接する事になり、採光・換気をよくする事と共に視線の抜けや空間の広がりをより感じることができ、オーナーの希望であった”開放感”を演出する事が実現した。

こうしてこの住宅は、G(ガレージ) + Out(中庭) + In(LDK) + Out(中庭) + In(寝室)という建物の配置から「Goioi」と名付けられた。

【Goioi邸/模型】プレゼン時の模型をみると各部屋がそれぞれ独立・連続している事が良く解る。一番最初のプラン提案の時から、このコンセプトはずっと変わっていない。

<物件情報>
• 愛知県半田市
• 家族構成: ご夫婦(竣工時)
• 構造: 木造在来工法
• 敷地面積: 264.06㎡ (79.8坪)
• 建築面積: 142.12㎡ (42.99坪)
• 延床面積: 162.18㎡ (49.06坪)
• 竣工: 平成25年10月

「Goioi」の名のとおり、自邸が外部との目隠しの役割も兼ねているのでカーテン無しでも生活ができる。

自転車やサーフィン等多趣味なオーナー。『自転車をうまくディスプレイし、メンテできるスペースが欲しい。』という事から、インナーガレージには男性にはたまらない基地スペースが。

インナーガレージから住宅へのアクセス開口部を臨む。ガレージにも多方の開口部から外光を取り込めるようになっており、調度いい明るさが確保されている。(撮影: 加納準)

写真撮影もこなすという多趣味なオーナー撮影による現在のガレージの様子。

中庭に面する広く明るい玄関土間。細かい所だが上がり框はSUS(ステンレス)で製作した。(撮影: 加納準)

玄関からの眺め。贅沢な開口部により建物内外のコントラストが美しい。写真右手のテラスには薪ストーブで使用する薪をストックする為の薪ラックが。

薪ラックのあるテラススペース。多用途に使用出来る広さがある。

御主人のスペースであるガレージと奥様が過ごすLDKの間にも外部空間という緩衝地帯を設けて、お互いの気配は感じる程良い距離感としている。LDKとガレージの間には薪ラックを設けて、薪をガレージから搬入して保管し、薪をくべる時は隣のLDKの薪ストーブへという実用性のある動線だ。

アイランドキッチンから。明るく広々としたリビングダイニング。

『台所で1人で料理をするの苦手なのでキッチンからリビングを眺めながら料理したい。』という要望により配置されたアイランドキッチンからは家族の気配や時間の移ろいを感じる事が出来る。開放感抜群故に家の中に居ながらも、居住スペースに外部が出現しているような不思議な感覚に。

Out(中庭)と In(LDK)の境界線。外と中の境界線は解け合い調和し、ひと続きの空間のように感じる。(撮影: 加納準)

ウッドデッキから。内外部が心地よく溶込む。

「Goioi」邸は北南にゆるやかな段差があり、前面道路から最も奥まった南側にプライベートな空間である主寝室と浴室・サニタリーが配置されている。床レベル差を設ける事により視覚的な広がりを保持しつつもプライベートゾーンとの境界を明確に分けている。

最南ゾーンからサービスヤードを臨む。(撮影: 加納準)

オーナーの『夫婦、子供、車、自転車が共に暮らすために居心地の良い場所を作りたい、「夢が叶う、夢の生まれる家」を。』という思いを実現するべくプランニングされた「Goioi」。テンポ良く配置された緩衝地帯により、人の目線を感じず、かつ開放感ある空間が実現していた。

快晴に恵まれた撮影日。プライバシーが守られつつも屋内外が溶込んだその空間はとても心地よく、オーナー家族の幸せな毎日が目に浮かびました。住環境は暮らしを豊かにする為の大切なファクターだと改めて感じた今回の取材。

icaaのイノウエ氏、ご協力いただきました御主人、有り難うございました。