五万石

楽しい変形テーブル講座 -入門編-

HOME|
Twitterでシェア
Facebookでシェア
google+ 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加
変形全景

 

店内に入ってすぐ目に入る、このテーブル。

この四角でも丸でもない不思議な形を、興味深そうにご覧になっているお客様をよく見ます。

どうしてこんな形をしているのか? どうやって使うのか?、というと…

 

 

変形横置き

 

こうして!

 

 

変形縦置き

 

こうだ!

 

つまり… このテーブルには真っすぐな側が2辺あるのですが、

その側を、キッチンカウンターや壁にくっつけて使うことができるのです。

 

それなら四角いテーブルでもできるのでは?と思いますが、

ポイントは「省スペース化できる」ところ。

 

6人座る場合、四角いテーブルなら長手方向の幅が180㎝は必要ですが、

こちらのテーブルは幅155㎝というサイズながら、最大で7人座れるという優れもの。

上の写真の置き方(横置き)なら5人、下(縦置き)なら6人座れます。

 

 

変形ベンチ

 

絶妙なカーブを描くテーブルには、ぜひ絶妙なカーブのベンチを合わせてください。

大人2人でも案外ゆったり座れます。

 

 

変形かわり

 

他にもいろいろと語ることの多い子なのですが、今回はここまで。。

見た目の可愛らしさとは裏腹に、置き方次第で何かと頼れるテーブルです。

 

気になる方は、ぜひお家の図面を持ってGOMANGOKUにお越しください。

レイアウトをあれこれ考えながらご覧いただくと、より置いた時のイメージがしやすくなりますよ。

 

 

 

藤原