ハラダヒサノリ

「In Japan – 2015」- Vimeo

SUBCULTURE|
Twitterでシェア
Facebookでシェア
google+ 共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様は2004年11月に開始した動画共有サイトVimeo(ヴィメオ、[ˈvɪmiːoʊ])をご存知だろうか。

「Vimeo」というサイト名は運営者であるジェイコブ・ロドウィックにより、「video」という単語に「me」を挿入し、ユーザー自身が作ったビデオ専用のサイトであるということを示すものとして考案されたサイト名で、同時に「ムービー」(movie)のアナグラムでもある。

ファイル:Vimeo Logo.svg

 

動画プラットフォームが次々と生まれる中、高画質でおしゃれな動画が多いと言われるVimeo。

Vimeoは”商業作品の転載、ゲームのプレイ動画、ポルノ映像、その他ユーザー自身が作ったのではない作品の投稿を認めない“という厳格なアップロード規制により、他プラットフォームには無いクリエイターや芸術家による優れた映像作品が集まっている。

そんなVimeoに5ヶ月前にUPされ、今も尚、高評価・賛辞を集めている動画を紹介しよう。

世界の様々な場所を撮影し、躍動感溢れる映像作品を数多く発表しているドイツ人クリエイターの「ビンセント・アーバン」。彼が来訪し、三週間に渡り東京、大阪、広島、京都をはじめとした多くの「wonderful little places」を訪れ集めたコレクションが、この作品「In Japan – 2015」だ。

日本の伝統やカルチャーや混沌とした模様が、まるで息づかいが聞こえてきそうな”濃さ”を伴い、躍動感溢れるカメラワーク・編集で纏められている秀逸な作品。

こうした作品に出逢う度に、伝統的なものと未来的なものが絶妙なバランスで存在している自国の”魅力”を再確認するのだが、いかに漫然とその魅力に感動出来る機会を逃してしまっているか…と焦りにも似た感情にもなる。この一瞬たりとも見逃せない映像のように、一瞬一瞬に感動して生きていきたいものだ…。

彼の生み出す作品は、観る人へ新鮮な感動を与えてくれる事間違い無しなものばかり。必見。

facebook.com/vincenturbanfilms
twitter.com/vincenturban
instagram.com/vincenturban